So-net無料ブログ作成

項羽と劉邦 [歴史小説(外国)]


項羽と劉邦(上) (新潮文庫)

項羽と劉邦(上) (新潮文庫)

  • 作者: 司馬 遼太郎
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 1984/09/27
  • メディア: 文庫



 映画「キングダム」が面白かったので、最近中国史にハマっている。

 「キングダム」の時代のあと、中国はどうなるんだろうと気になって、読んでみたのが司馬遼太郎の「項羽と劉邦」である。

 時代は秦の始皇帝が7つの国をまとめて、中国を統一した直後。

 それまでの時代を振り返ると、各国に王はいたものの、国内の各地域は諸侯による自治が認められていた。諸侯は自分たちで制度を決めたり、税金をとったりすることができた。あらゆる地位が血縁により受け継がれる身分社会だった。

 秦の始皇帝はこうした古い制度を廃止して、厳格な法律による統治というものを始めた。

 地方分権的な封建制度をやめて、中央集権国家を作り上げる。統一的な法律を作り、各地域に中央から官僚を派遣する郡県制を行った。身分制度も廃止し、諸侯と血縁関係があっても、戦場で手柄をとらなければ公族の地位は剥奪された。

 農民には重税を課した。未納付があれば、万里の長城や生前墓の土木工事にかり出された。

 このような法律による統治を強化するため、思想の合わない儒教は撲滅した。焚書坑儒といって、儒教などの書物を焼き払い、これに反対する学者を生き埋めにした。

 しかし、こうした始皇帝のやり方はあまりにも厳格すぎた。数々の圧政に各地で不満が噴出。反乱が次々に起こるようになった。ここで現れるのが項羽と劉邦である。

 単純に強くて戦に勝てばいいというものではなくて、人心をつかむことが大事ということか。秦の始皇帝は法律で厳しく統制すればいいだろうと考えたが、うまくいかず、わずか15年で滅んでしまった。

 人心をつかめなかったという意味では、項羽にも同じようなことが言える。強大な秦に立ち向かって、項羽は次々に勝利を収めていった。このまま新たな王になる勢いもあったが、劉邦によって道を阻まれる。

 項羽は戦に勝利しても、自分の身内以外には褒美の身分や土地などを与えようとしなかった。また、項羽は秦の始皇帝に似て、恐怖による支配を好んだ。人を穴に埋めるのが好きで、反対勢力は次々に埋めた。こうしたやり方は武将や民衆の反感を招くことになる。 

 結局、項羽は人心をまとめ上げることができず、なぜか人心をつかむのがうまかった劉邦に敗北する。

 戦争でも政治でも人間心理をおさえることが大事なんだなあということがよく分かる本だった。古代中国に限らず、現代にも通じる話なのではないか。

 物語としては、戦略エピソードが満載なところがよかった。韓信という策士が出てきて、トリッキーな手を次々に使うのである。有名な四面楚歌のエピソードもある。このあたりもなかなか読み応えのある本だった。
タグ:司馬遼太郎
nice!(13)  コメント(0) 
共通テーマ:

nice! 13

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント